ココロWEBサイト・トップページへ 英語ページへ 問い合わせフォームへ 企業情報ページへ
spacer
spacer
アクトロイド
top_v
圧倒的なリアルさ、究極の表現力で魅了する、最先端の人体型ロボット『アクトロイド』。アクトロイドは凝縮した機械設計やリアル感を演出する造型、表面素材といった構成するすべての技術の集合体でもあります。
構成要素である一部の機構、外装素材などご興味を持たれましたら是非、ご相談ください。
特定人物をモデルとしたアミューズメント向け製作のオーダーもお待ちしております。

spacer spacer■アクトロイドとは?
 
spacer 動作点数を多く備え、より複雑な演技を可能としながら、細身の女性のボディーラインに収まる高密度メカニズムを実現しました。外部機器次第で音声認識技術と会話エンジンを組み合わせてマンツーマンで応対する受付システムといった拡張性も備えています。接客システムは2005年に開催された『愛・地球博』で実証済みです。また、特定の人物とそっくりに製作することも可能です。

spacer spacer■独自技術・エアサーボが空圧制御のデメリットを克服
 
spacer パワーのある油圧や、精密制御を可能とするサーボモーターは、周辺装置の大型化や汚れ、発熱などのデメリットもあります。また、空圧駆動にも精密な制御に向かないデメリットがありました。

しかし静粛性、熱、汚れが出にくい、万が一外力が加わっても柔軟に受けてメカや相手を痛めないなどのメリットも多く、デメリットを克服をしながらも精密制御を行える「エアサーボシステム」を開発しました。

アクトロイドは腕や上体などの大きな動きから、唇の先の微妙な突き出し動作まですべてこのエアサーボによって駆動します。アクトロイドの「リアル」さとは、見た目だけではなくこれら駆動方式へのこだわりも大きな要素となっています。

spacer spacer■開発経緯
 
spacer ヒストリー01 2003.01  『アクトロイド』国際ロボット展出展
  ヒストリー02 2004.01  大阪大学石黒研究室『アクトロイド-ReplieeQ1』開発
  ヒストリー03 2004.12  『アクトロイド-ReplieeQ1-expo』開発
  ヒストリー04

2005.03  『愛・地球博』で接客ロボット『アクトロイド-ReplieeQ1-expo』実証試験

  ヒストリー045 2005.06  レンタル専用『アクトロイド-DER』発表
  ヒストリー05 2005.07  大阪大学石黒研究室『アクトロイド-ReplieeQ2』開発
  ヒストリー06 2006.10  『アクトロイド-DER2』発表
  ヒストリー07 2008.11  『アクトロイド-DER3』発表
    2012.01現在、国内外の研究施設に向けたアクトロイド派生技術をベースとした
人体型ロボットプラットフォームを納入しております。またアクトロイドの
皮膚用軟質材料からの派生技術についても研究開発中。

弊社発行のタブロイド紙『ココロニュース』では納入実績等の情報を紹介しています。
PDF版の最新号、バックナンバーはコチラからご覧いただけます。
spacer

企業情報  |  お問い合わせ  |  サイトマップ  |  Copyright(c) 株式会社ココロ